KND の備忘録

2017-12-24のメモです。

主に関ジン研(関東ジンギス研究会)からのリンクのためと、食べ歩きの際に前回いつ行ったかを自分で検索するために記述を残しています。稀に雑多なことを書いたりもします。


LIRS: 更新の確認にご利用下さい。
カテゴリ: EmacsLisp | Ruby | tDiary | そよかぜ | たべある記 | 羊肉 | 自作ソフト | 花配列 | 超多段シフト | 辛いもの | 雑記 |

2017-12-24 (Sun) クリスマス時期だから、またスープカレーのお店をはしごしてみた

[たべある記] 下北沢の薬膳食堂ちゃぶ膳でスープカレー

薬膳食堂ちゃぶ膳」に昼食を食べに行ってみる。前から存在は知っていたものの、下北沢駅からも新代田駅(京王線)からも少し距離があるから候補から外しがちだったんだよな。しかも、以前はスープカレー店だったはずだが、いつの間にかオリエンタル・ヴィーガン主体のお店になっていたし。

13:00頃に到着。いや、これは想像以上に小さいお店だ。カウンターに3席とお座敷席の小さなちゃぶ台2つだけとは。10人も入らないのでは?

ここはスープカレー専門でなくなったため、スープカレーのメニューは「スープカレー(950円)」「ムスリムフレンドリースープカレー(950円)」くらい*1 だが、初めてのお店であまりチャレンジングなことをしようと思わなかったので、前者を注文。

ああ、これ、ライス(玄米)を入れて煮込んでないだけで、かなり美味しい薬膳粥と言っていいくらいのものだ。野菜の旨みと控え目なスパイスっぽい香りの組み合わせがなかなかのもので。残りスープをゴクゴクと飲むときに喉が少しヒリッとしたので、おそらく薬膳粥にするよりも胡椒を強くきかせてもいるのだろう。ただ、食べているときは刺激とは無縁。

ガネー舎」とはまた別方向の薬膳スープカレーっぽい。ガネー舎は漢方薬にも使うようなスパイスも刺激物も積極的に「プラス」した結果のもので、ちゃぶ膳は薬膳のプラス要素はあるもののオリエンタル・ヴィーガンや無添加のように「マイナス」していった結果なのかなと。

次はムスリムフレンドリースープカレーを試してみたいな。

あ、WEBページではメニューがまともに見ることができないから、食べログのページの方も見た方がいいっぽい。

「薬膳食堂ちゃぶ膳」東京都世田谷区代田6-16-20、電話 080-6603-8587、営業時間 12:00〜15:00、17:00〜23:00、定休日 火曜日

*1 ランチはサラダ・デザートなしなのでこの値段。

[たべある記][辛いもの] MagicSpice 下北沢店でスープカリーをアクエリアスで

MagicSpice 下北沢店」に夕食を食べに行く。約1年振りだ。クリスマス前後の恒例だ。

代田図書館で LibreOfficeのマクロをいじりながら時間を潰した後、17:40過ぎに到着。この時期にあるはずの特別メニューは、メニューも貼り紙も見当たらず。結局、いつものようにチキンのアクエリアス(1,660円)、半ライスで注文。

今回のスープは、スープ不足になりそうだった昨年よりも更に水分の少ない、ほぼペースト状だったので、かなり早めに締めのチキンベースのスープをお願いすることに。やっぱり、スープはライスに浸したいし。それを除けば、ほぼ問題なし。いつも通り完食。ライスを減らしておいたから、動けなくなることもなし。



最近のツッコミ:


KND への連絡は以下まで。
m・knd◎zob・jp (「◎」を「@」、「・」を「.」に置換え)