KND の備忘録

2004-11-14のメモです。

主に関ジン研(関東ジンギス研究会)からのリンクのためと、食べ歩きの際に前回いつ行ったかを自分で検索するために記述を残しています。稀に雑多なことを書いたりもします。


LIRS: 更新の確認にご利用下さい。
カテゴリ: EmacsLisp | Ruby | tDiary | そよかぜ | たべある記 | 羊肉 | 自作ソフト | 花配列 | 超多段シフト | 辛いもの | 雑記 |

2004-11-14 (Sun)

[自作ソフト][EmacsLisp][超多段シフト][そよかぜ] ローマ字入力をサポートしました

そよかぜLEIM 対応の進捗状況でも。

  • 「花」配列依存コードを別ファイルに分離し、更に分離したファイルを呼び出して初期化するコマンドを実装した。
  • 複数ストロークの途中経過を表示するため細かい修正をした。
  • 未確定文字列のバックスペース動作を、かな変換の結果が複数文字になるとき(ローマ字入力とか)でも整合性がとれるように修正した。
  • 未定義ストロークが入力されたときに「〓」が表示されるようにした。
  • ローマ字の「ん」「っ」のように、未定義ストロークのうち途中までかなとか「〓」に確定するようなものを処理するためのコードを追加。
  • ついでにローマ字入力のかなストローク定義ファイルを作成して初期化コマンドから呼び出せるようにした。

多少は以後の拡張がやり易くなったのかな。

現在はキーボード切り換えを検討中です。これまでは 106 キーボード・JIS 配列を前提にしていたのですが、自分の周辺の環境を考えるといわゆる ASCII 配列(101 キーボード、104 キーボード)も結構あって、ASCII 配列だと「花」配列の右小指のストロークとかな文字との対応が変わってしまうからです。



最近のツッコミ:


KND への連絡は以下まで。
m・knd◎zob・jp (「◎」を「@」、「・」を「.」に置換え)